2009年11月05日

子供保険の設定の仕方

テレビでも保険のコマーシャルをよく目にするようになりましたが、それでも保険は難しい、と思っている人がたくさんいると思います。
自分に必要な保障を選んで、万が一の時に下りてくる保険金はこれくらい必要で、などと自分で設計ができる人はそういないでしょう。
そして結局セールスレディの勧める商品に加入してしまう、というパターンが多いのではないでしょうか。

では子供の教育費用を貯蓄する目的の子供保険の場合はどうでしょうか。
医療保障などの部分を考えなくてもよいため、比較的設定がしやすいと思います。
ここでは一般的な子供保険の設定についてお話したいと思います。

まず満期保険金ですが、これは満期時(多くは18歳時)に支払われるお金で、これが多いに越したことはありません。
確かに満期金が多い方が安心なのですが、毎月の保険料に追われて日々の生活が苦しくなるようでは続きません。
そのため目安としては、毎月の保険料を1万円程度にし、満期金を200万円程度に設定するとよいと思います。
またちょっと工夫した掛け方として、2つの保険に入るという方法もあります。
例えば一つは月払い18歳満期で満期金100万円、もう一つはボーナス払い17歳満期で満期金100万円の保険に入る、といった感じです。
このように満期の時期をずらしておくと、大学受験にかかるお金と大学に入るときにかかるお金がベストなタイミングで下りてくることになります。
それにもしも家計が苦しくなって保険料の支払いが厳しくなった時は1つだけを解約する、というかたちをとることもできます。
posted by 子供保険 at 15:43 | TrackBack(0) | 子供 保険 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。