2009年11月05日

子供保険加入のコツ

赤ちゃんを妊娠したら、子育てに必要なもの、子供の名前、養育費のこと、生活リズムの見直し、などなど夫婦で話し合うことはたくさんあります。
どれもかわいい赤ちゃんを迎えるためのことですので、きっと幸せな話し合いになることと思います。
その中の教育費についてはまだ先でいい、と思われるかもしれませんが、宝くじでも当たらない限り多額のお金が急に手に入ることはありませんので、貯蓄についてもこの時期から話し合っておきましょう。
今は赤ちゃんが生まれる前から入れる子供保険もあります。

子供保険はあまり考えずに加入した場合とよく調べて考えてから加入した場合とでは、その保険がどれだけ生かされるかが異なってきます。
ここでは子供保険に効果的に加入するためのコツを紹介します。

まず子供保険の満期は18歳に、さらに満期金の受取日を12月か1月にしておくとよいです。
なぜなら高校3年生のその時期は、受験費用がかかったり早く合格が決まった場合の入学金などでまとまったお金が必要になったりするからです。
早生まれの子供であれば、17歳満期に設定するか、高校3年生のうちに確実に満期金を受け取れるようにしておきましょう。
次に満期金を細かく設定できる商品であれば、10万円でも多く設定しましょう。
満期金は100万とか200万と、100万単位でしか設定できないと思っている人もいるようですが、10万円単位で設定できる保険会社が増えています。
満期金を10万円アップした場合に月々の保険料がいくらアップするのかを出し、そんなに負担がかからない金額であればぜひ上乗せしておいてください。
18歳で下りてくるその10万円が大きな助けになると思います。
最後に加入する年齢ですが、これは早ければ早いほど最終的にお得になります。
子供の年齢が上がるほど、月々の保険料もアップします。
満期までの総支払額も、0歳で加入した場合と5歳で加入した場合とでは何万円もの違いが出てくる商品が多いです。
出産前から加入できるものが多いので、夫婦で早いうちから検討してください。
posted by 子供保険 at 15:43 | TrackBack(0) | 子供 保険 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。