2009年11月05日

子供保険以外の貯蓄法

子供の教育資金を貯める方法は、なにも子供保険だけではありません。
確かに子供保険では毎月の保険料の支払いという形で強制的に、そして持続的に貯蓄が続けられるというメリットがありますが、その分を別の形で貯めていくのも一つの方法です。
もちろん、子供保険にも加入し、さらに別で貯蓄をしていけばそれほど安心なことはないでしょう。
ここでは子供保険の他に、教育資金の貯め方としてどんな方法があるのかを紹介したいと思います。

まず銀行などでの定期積立。
これは毎月決まった金額を積立用の口座に貯めていく方法で、代表的なのは銀行の総合口座から毎月自動的に積立口座へ振り替えてくれる積立定期預金です。
他に信用金庫などは集金に来てくれるところもあるので、毎月強制的にお金を貯めることができます。
次に一般財形貯蓄の利用。
お父さんの勤務先に財形制度があったらぜひ利用しましょう。
財形貯蓄については後ほど詳しくお話しますが、一般財形は毎月1000円以上1000円単位で積立ができる上、使い道も限定されないので利用しやすい制度です。
給料日に天引きという形で先取り貯蓄ができますので、こちらも確実にコツコツと貯まっていきます。
次にネット定期ですが、こちらはちょっと敬遠してしまう人も多いかもしれませんね。
パソコンや携帯電話などインターネットで口座を管理するネットバンクは金利がお得になっているのです。
ソニー銀行、イーバンク銀行などは聞いたことがあるのではないでしょうか。
金利が頻繁に変わるようなので、パソコンに強くてこまめに金利チェックができる人に向いています。
posted by 子供保険 at 15:43 | TrackBack(0) | 子供 保険 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。