2009年11月05日

一般財形貯蓄

子供の教育資金を貯めるにあたって、子供保険に加入する以外の方法に一般財形貯蓄があります。
子供の教育費用の積み立てに、という目的以外でこの制度を利用している人も多いと思います。
これは勤め先に財形貯蓄の制度がないと利用できないのですが、もしあればぜひ利用しましょう。

財形貯蓄には財形住宅貯蓄(マイホーム購入資金)、財形年金貯蓄(老後の年金資金)、そして目的を限定されない一般財形貯蓄があります。
これらの財形貯蓄は給料からの天引きで貯めることが条件で、積立額は1000円以上の1000円単位で好きな金額に設定できます。
毎月の積立の他、ボーナス時には増額して貯めることもできるので、計画的に貯蓄を増やすことができます。

一般財形貯蓄のメリットとしては、会社を通して給料天引きで積み立てられるので知らないうちに貯蓄を増やせることがあります。
税金や社会保険料などと同じ感覚で、始めから手元には来なかったお金だと思えば積み立ても続けやすいでしょう。
また好きな金額を好きな期間貯めることができ、中断や再開もできる手軽な貯蓄法と言えるでしょう。
いざという時に財形教育融資が受けられるという点も心強いです。

このように一般財形貯蓄は子供保険にも入っているけどさらに教育資金を貯めておきたい、という人にも有効な貯蓄法だと思います。
まずは勤め先が財形貯蓄の取り扱いをしているかどうか確認してみてください。
そして勤務先でどんな金融商品を利用できるか確認し、利回りのよい商品を選んで申し込むようにしてください。
posted by 子供保険 at 15:43 | TrackBack(0) | 子供 保険 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。