2009年11月05日

子供の保険・親の保険

夫婦二人の生活では気楽にお金を使うことができても、赤ちゃんが生まれるとそうはいきません。
育児費用もかかりますし水道代や光熱費もアップします。
少し子供が大きくなれば習い事にも通わせたいでしょう。
保険の加入や教育費用の貯蓄にお金を回したいため、上手く節約して家計をやりくりする必要も出てきます。
教育資金の貯蓄目的で子供保険に入るのと同時に、親が現在入っている生命保険の見直しもしてみましょう。

まず子供保険は、元本割れしない商品選びを、これは絶対です。
中には最終的にもらえる金額が総払い込み額を下回る保険商品もありますので、加入を決める前にきちんと計算してみましょう。
そして早いうちに、できるだけ0歳代で入りましょう。
医療特約は基本的に付けなくてOKです。
住んでいる地域の自治体に乳幼児の医療費助成制度があれば、子供の医療費が決められた年齢まで無料になるからです。
もしそれでも心配と言うのなら、割安な共済で医療保障を確保してはいかがでしょうか。

次に親の生命保険ですが、死亡保障額を見直してみましょう。
父親が会社員、母親が専業主婦、子供1~2人、持ち家の場合、父親の死亡保障額は3000万円が基本です。
これが住まいや職業などによって必要保障額が変わってきます。
例えば賃貸住まいならプラス1000万、自営業ならプラス1000万、共働き家庭ならマイナス1000万、といった感じです。
保険料を安く抑えたいのなら、掛け捨ての定期保険を利用したり共済を利用するとよいでしょう。
posted by 子供保険 at 15:43 | TrackBack(0) | 子供 保険 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。