2009年11月05日

一般財形貯蓄

子供の教育資金を貯めるにあたって、子供保険に加入する以外の方法に一般財形貯蓄があります。
子供の教育費用の積み立てに、という目的以外でこの制度を利用している人も多いと思います。
これは勤め先に財形貯蓄の制度がないと利用できないのですが、もしあればぜひ利用しましょう。

財形貯蓄には財形住宅貯蓄(マイホーム購入資金)、財形年金貯蓄(老後の年金資金)、そして目的を限定されない一般財形貯蓄があります。
これらの財形貯蓄は給料からの天引きで貯めることが条件で、積立額は1000円以上の1000円単位で好きな金額に設定できます。
毎月の積立の他、ボーナス時には増額して貯めることもできるので、計画的に貯蓄を増やすことができます。

一般財形貯蓄のメリットとしては、会社を通して給料天引きで積み立てられるので知らないうちに貯蓄を増やせることがあります。
税金や社会保険料などと同じ感覚で、始めから手元には来なかったお金だと思えば積み立ても続けやすいでしょう。
また好きな金額を好きな期間貯めることができ、中断や再開もできる手軽な貯蓄法と言えるでしょう。
いざという時に財形教育融資が受けられるという点も心強いです。

このように一般財形貯蓄は子供保険にも入っているけどさらに教育資金を貯めておきたい、という人にも有効な貯蓄法だと思います。
まずは勤め先が財形貯蓄の取り扱いをしているかどうか確認してみてください。
そして勤務先でどんな金融商品を利用できるか確認し、利回りのよい商品を選んで申し込むようにしてください。
posted by 子供保険 at 15:43 | TrackBack(0) | 子供 保険 | 更新情報をチェックする

子供保険以外の貯蓄法

子供の教育資金を貯める方法は、なにも子供保険だけではありません。
確かに子供保険では毎月の保険料の支払いという形で強制的に、そして持続的に貯蓄が続けられるというメリットがありますが、その分を別の形で貯めていくのも一つの方法です。
もちろん、子供保険にも加入し、さらに別で貯蓄をしていけばそれほど安心なことはないでしょう。
ここでは子供保険の他に、教育資金の貯め方としてどんな方法があるのかを紹介したいと思います。

まず銀行などでの定期積立。
これは毎月決まった金額を積立用の口座に貯めていく方法で、代表的なのは銀行の総合口座から毎月自動的に積立口座へ振り替えてくれる積立定期預金です。
他に信用金庫などは集金に来てくれるところもあるので、毎月強制的にお金を貯めることができます。
次に一般財形貯蓄の利用。
お父さんの勤務先に財形制度があったらぜひ利用しましょう。
財形貯蓄については後ほど詳しくお話しますが、一般財形は毎月1000円以上1000円単位で積立ができる上、使い道も限定されないので利用しやすい制度です。
給料日に天引きという形で先取り貯蓄ができますので、こちらも確実にコツコツと貯まっていきます。
次にネット定期ですが、こちらはちょっと敬遠してしまう人も多いかもしれませんね。
パソコンや携帯電話などインターネットで口座を管理するネットバンクは金利がお得になっているのです。
ソニー銀行、イーバンク銀行などは聞いたことがあるのではないでしょうか。
金利が頻繁に変わるようなので、パソコンに強くてこまめに金利チェックができる人に向いています。
posted by 子供保険 at 15:43 | TrackBack(0) | 子供 保険 | 更新情報をチェックする

子供保険加入のコツ

赤ちゃんを妊娠したら、子育てに必要なもの、子供の名前、養育費のこと、生活リズムの見直し、などなど夫婦で話し合うことはたくさんあります。
どれもかわいい赤ちゃんを迎えるためのことですので、きっと幸せな話し合いになることと思います。
その中の教育費についてはまだ先でいい、と思われるかもしれませんが、宝くじでも当たらない限り多額のお金が急に手に入ることはありませんので、貯蓄についてもこの時期から話し合っておきましょう。
今は赤ちゃんが生まれる前から入れる子供保険もあります。

子供保険はあまり考えずに加入した場合とよく調べて考えてから加入した場合とでは、その保険がどれだけ生かされるかが異なってきます。
ここでは子供保険に効果的に加入するためのコツを紹介します。

まず子供保険の満期は18歳に、さらに満期金の受取日を12月か1月にしておくとよいです。
なぜなら高校3年生のその時期は、受験費用がかかったり早く合格が決まった場合の入学金などでまとまったお金が必要になったりするからです。
早生まれの子供であれば、17歳満期に設定するか、高校3年生のうちに確実に満期金を受け取れるようにしておきましょう。
次に満期金を細かく設定できる商品であれば、10万円でも多く設定しましょう。
満期金は100万とか200万と、100万単位でしか設定できないと思っている人もいるようですが、10万円単位で設定できる保険会社が増えています。
満期金を10万円アップした場合に月々の保険料がいくらアップするのかを出し、そんなに負担がかからない金額であればぜひ上乗せしておいてください。
18歳で下りてくるその10万円が大きな助けになると思います。
最後に加入する年齢ですが、これは早ければ早いほど最終的にお得になります。
子供の年齢が上がるほど、月々の保険料もアップします。
満期までの総支払額も、0歳で加入した場合と5歳で加入した場合とでは何万円もの違いが出てくる商品が多いです。
出産前から加入できるものが多いので、夫婦で早いうちから検討してください。
posted by 子供保険 at 15:43 | TrackBack(0) | 子供 保険 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。